サイトメニュー

うつ病の症状

聴診器

抑うつ気分とは?

うつ病の話をする時には必ずと言っていいほどよく聞く「抑うつ」ですが、抑うつ気分というのは、「気分が落ち込んでいる状況」ことを言います。そのため、思考や行動、感情、幸福感への影響が出てしまい、「ゆううつ、悲しい、おっくう、楽しくない、いらいらする」といった気持ちや、強い不安感、集中力の低下、悪いことばかりが頭に浮かぶ、怒りっぽくなる、などの症状が見られます。心が健康な人でも、抑うつ気分になることはありますが、うつ病と診断される方の場合は、抑うつ気分が2~3週間ほどほぼ毎日続いてしまい、学校や仕事に支障をきたしてしまいます。症状が出るのは主に朝方が多く、夕方には気持ちが回復している場合もあります。これは「日内変化」といい、うつ病の特徴でもあります。

症状の感じ方は人それぞれ

抑うつ気分は、うつ病の代表的な症状の1つですが、症状の感じ方や出方は人それぞれで、中には身体の不調を強く感じる人もいます。例えば、身体がうずく、痛む、眠れない、起きてしまう、寝すぎてしまう、起きられない、食欲がない、などの不調です。このような症状で身体の検査をしても、とくに異常は見られないため、うつ病だと気付かないことがあります。また、食欲については、拒食症や過食症を引き起こしてしまうこともあります。「食事をしても美味しくない、お腹が空かない」といった理由から食欲が減少するケースや、「食事をしなければいけない」という強いプレッシャーから、過食になってしまう人もいます。さらに、「寝付けない、すぐに目が覚める、朝早くに目が覚める、寝すぎてしまう」などの睡眠障害も日常生活に支障をきたしてしまいます。食生活や睡眠の乱れは、身体への不調にもつながりやすいため、早めの段階で専門医への相談が必要です。障害年金は、症状のレベルによって、支給額が変わってきます。症状を把握しておくことは重要です。

うつ病を支えるときは見守ることが大切

うつ病は、とてもデリケートな心の病気で長期間の戦いになります。身体が動かないのは本人の意思ではなく、病気のせいでどうしても動けないため、本人はどうすることもできないのです。決して怠けているわけではないことを理解してあげてください。また、応援する気持ちがあっても「頑張れ」という言葉は、うつ病を患っている人には大きなプレッシャーになってしまいます。「期待に応えなくてはいけない、応えられない自分はダメだ」と自分を責めてしまう可能性もあります。もし、大切な人がうつ病になってしまったら、できる限りの最善を尽くしてあげたいですよね。うつ病を支える時には、そっと見守ってあげることが大切です。

Copyright© 2019 【心の休息】障害年金はうつ病も対象に含まれています All Rights Reserved.