サイトメニュー

障害年金申請の流れ

聴診器

まず最初にすること

まずは、うつ病になって初めて医師の診察を受けた「初診日」を確認します。障害年金には「障害基礎年金」と「障害厚生年金」の2種類があり、初診日に加入していた制度によって、受給できる年金が変わります。そのため、初診日の確認、特定は障害年金の制度を受けるにあたって様々なものの基準となるため、とても重要なのです。よって、健康診断は初診日には含まれませんので、注意して下さい。また、病気の合併症などとしての因果関係が考えられる場合には、元の病気を初めて診察した日が初診日になります。初診日の確認、特定ができたら、障害年金の受給要件3つをチェックし、抜け漏れがないかの確認をします。受給要件のうち、1つでもかけていると申請できなくなってしまうので、必ずチェックしましょう。

書類集め

障害年金の申請に必要な書類には、いくつか種類があります。自分で用意するものや、病院から受け取るもの、公的機関から受け取る書類など、たくさん種類があります。必要な書類は、年金事務所や市区町村役場にて、受け取ることができます。症状や等級、家族構成などによって、書類の内容が変わってくるので、間違わないように注意が必要です。難しい場合は、サポートしてもらいながら行ないましょう。初めて診察した病院では、初診日の証明書である「受診状況等証拠書」を発行してもらう必要があります。万が一、病院側の都合で発行できなかった場合でも、申請はできるので諦めないでください。受診状況等証拠書が発行できたら今通っている病院で、診断書を発行してもらいます。診断書は、障害年金用の書類があるので、気を付けて下さい。できあがるのには1~3ヶ月ほどかかるので、ゆとりを持って依頼するようにしましょう。

提出まであとすこし

障害年金の申請に必要な書類には、病院や公的機関から受け取るものばかりではなく、自分で記入する必要がある書類もあります。年金請求書や病歴、就労状況等申立書などを記入します。そして住民票などの証明書を取得し、これまでに集めた書類を年金事務所の窓口へ提出して、書類が揃っているか、ミスが内科の確認をしてもらい、特に問題がなければ提出はおしまいです。注意して欲しいのは、提出すれば必ず障害年金を受けられるわけではない、ということです。提出が済んでから審査がされます。

Copyright© 2019 【心の休息】障害年金はうつ病も対象に含まれています All Rights Reserved.